藤澤養蜂場では春の季節の採蜜しかしないので今はミツバチの手入れの時期となります。
この時期の一番の厄介者となるのが大スズメバチ。昨年も多かったけれど今年は更に多い。
毎日の様にうじゃうじゃやって来るという感じ。西洋ミツバチの場合は大スズメバチに果敢
に向かって行く為に巣箱の前で咬み殺されてしまう事がほとんど・・・それで毎日の見回りが
欠かせません。温暖化のせいか最近では12月半ば頃までやって来るんですよねぇ~。
dscn9104-s
スズメバチ捕獲器にとまり様子を伺う2匹の大スズメバチ・・・中にも入ってますね。
捕獲器の中には咬み殺されてしまったミツバチたちも見えます。

dscn9120-s
粘着シートで捕らえたばかりの大スズメバチ・・・まだ生きてます。

dscn9109-s
ミツバチの大きさとの違いが良くわかりますね・・・まさに悪役の顔つき。